変化ということ

みなさんこんにちは。コトハジメ研究所のヤマダです。

ここ青森もやっと春!

桜にはじまり、花が一斉に咲き始め、通勤もなんとなくなごみます。

それとともに

周りの車のスピードも一斉にUP!ww

運転、気を付けようと思います。

 

今日は徒然と。

 

今年に入ってから「変化」というものについて

絶えず考えている気がしています。

もともとの性分なのか

それとも身についたものなのか

変化というものには

たぶん 敏感なほうだと思います。

 

今年に入ってからというもの

変われ!なのか、

変わった方がいいよ!なのか

わかりませんが

今まで大事だと思っていたものが

急に大事に思えなくなってきて

手放してみると

次の新しいモノ・コトが入ってきたり・・・・・

 

そもそも、この「コトハジメ」も

なにか一つでも

新しいコトをはじめてみましょうよ

というコンセプトだったなーと

思い起こしたり

今後の方針を変えてみたりで(苦笑

いまさら?とも思ったのですが

どうにもこうにもしっくりこないので・・・

 

春で ほんとはきっと

スタートダッシュなはずなのに

変わる・変えるというキーワードで

しずしずと進んでいます。

 

小手先ではなく真剣勝負。

ふわっと ではなく ぴんと芯のある感じ。

受け身ではなく自ら。

 

去年の春はもう少し

どったんばったんしていましたが

2014年

今年の春はこんな感じです。

 

去年と同じは「立ち止まる」ではなく「衰退」。

どうしても動けないときには

まずはちょっとだけ手を付けてみる。

ちょっとだけでいいから。

 

こうして手を付けると意外と進むので

あとはおもむくままに・・・

昨日よりも少しだけでも前に。

 

 

みなさまの2014年の春は

どんな感じですか?